03-5762-0018







   





産業廃棄物収集運搬業許可
産廃収集運搬業許可申請手順
排出事業者責任
廃棄物処理法の罰則


廃棄物処理法の罰則



廃棄物処理法に定められた主な罰則は次の通りです。

排出事業者に対する罰則

    3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又は併科

     @ 産業廃棄物処理の委託基準に違反
         例 : 委託契約書を締結しないこと

    6か月以下の懲役若しくは50万円以下の罰金又は併科

     @ 産業廃棄物管理票(マニフェスト)を交付しないこと
     A 虚偽の管理表を交付すること
     B 管理表の写しを保存しないこと



産業廃棄物処理業者(産業廃棄物収集運搬業者、処分業者)に対する罰則

 
    5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金又は併科

     @ 許可を持たずに産業廃棄物処理業を行うこと
     A 不正の手段により、産業廃棄物処理業の許可を取得すること
     B 不正の手段により、産業廃棄物処理業の事業範囲を変更すること
     C 産業廃棄物の不法投棄、焼却
     D 産業廃棄物の不正輸出
     E C、Dの未遂
      *@、A、B、C、D、Eについて、法人に対しては、3億円以下の罰金
     F 産業廃棄物処理業の名義貸し
     G 事業停止命令違反、措置命令違反

    3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又は併科

     @ 産業廃棄物の処理を他の処理業者に委託すること(再委託)
       *排出事業者の書面による承諾がある場合は可
     A 産業廃棄物を不法に投棄、焼却する目的で収集運搬すること

    6か月以下の懲役若しくは50万円以下の罰金又は併科

     @ 欠格要件に該当した場合に届出をしないこと。及び虚偽の届出をす
       ること
     A 産業廃棄物管理票(マニフェスト)写しの不送付、不記載、虚偽記載
       送付
     B 産業廃棄物管理票(マニフェスト)の不回付
     C 産業廃棄物管理票(マニフェスト)を保存しないこと
     D 産業廃棄物管理票(マニフェスト)の交付を受けずに産業廃棄物の処
       理を引き受けること