03−5762−0018   





     






       




遺言執行者


遺言執行者とは

  遺言状を作成しても、その内容を実現してくれる人がいなければ、せっかくの遺言状が役にたたなくなってしまいます。そこで、亡くなった被相続人の代わりに、遺言状の内容を実現してくれる人が必要となります。この役割を果たしてくれる人を遺言執行者と呼びます。

  遺言執行者には、被相続人の代理として、遺言状に記載された内容を実現するために必要な一切の行為をする権限が認められています。この権限はとても強いもので、たとえ相続人であっても、遺言執行者が行う遺言執行の行為を邪魔することは出来ません。もし、これに反した行為を相続人が行ったとしても、その行為は無効とされてしまいます。

遺言執行者の職務

  遺言執行者が行う職務は、相続人に対しては、遺言執行者に就任したことの通知や遺言状を開示することがあります。また、被相続人名義の金融資産の相続人への名義変更手続、不動産の名義変更手続、さらには子供の認知手続や各種の法人設立などが遺言状に記載されている場合には、その手続など多岐に渡ります。

遺言執行者がいない場合

  遺言執行者が遺言状で指定されていない場合には、遺言の執行は相続人が行うこととなります。しかし、相続人の間で話し合いがなかなかまとまらない場合がありま
 す。

  また、遺言状で、被相続人の死後、子供の認知をすることが記載されていた場合などは、家庭裁判所に遺言執行者を選任してもらう必要があります。

  このように、遺言執行者がいない場合には、相続手続きが面倒になって、相続人に負担を強いることになってしまいます。遺言状作成の際には、必ず遺言執行者を決めておく必要があります。

遺言執行者になれる人

  未成年者、破産者以外であれば、誰でも遺言執行者になることが出来ます。法人であっても大丈夫です。

  なお、遺言執行者への就任を断ることも出きます。ですから、遺言状で遺言執行者として名前が記載されていたとしても、就任するか否かは、その人次第ということになります。そのため、遺言執行者を指定する場合には、事前に遺言の執行をお願いする人に了解を得ておく必要があります。







ご依頼・お問い合わせは下記まで


03−5762−0018


(電話でのご相談は無料です。お気軽にご連絡ください)