03−5762−0018   





     


遺産分割協議書の作成




■当事務所では、遺産分割協議書の作成をいたします。



 1 遺産の分割方法がわからない

 2 遺産の分割内容は決まっているけれど、分割協議書の作り方がわからない

 3 遺産分割協議書を作った後の、不動産の名義変更手続が面倒だ


 このような方は、当事務所にご相談ください。当事務所では、お客様の立場から適切
 なアドバイスをさせていただくとともに、遺産分割協議書を作成させていただきます。

 また、遺産分割協議終了後の不動産の名義変更手続につきましても、当事務所の持
 つ他士業とのネットワークにより、対応させていただきます。

 当事務所にご依頼いただければ、お客様は遺産分割協議書の作成から不動産の名
 義変更手続まで一括して行うことが出来ます。

 ご相談をお待ちしております。





■遺産分割協議書とは?

 親や兄弟などの親族が亡くなった場合に、亡くなった親族が持っていた財産は、その
 方の法定相続人の共有財産となります。しかし、そのままでは、たとえば不動産の名
 義変更が出来ません。そのため、法定相続人の共有となった財産の帰属先を明確に
 する必要があります。このような場合に作成されるのが遺産分割協議書です。

 遺産分割協議書には、亡くなった被相続人の財産を法定相続人が、どのように分割
 するか、を話し合って合意した内容を記載します。各相続人はその内に異議がないこ
 とを示すために文末に各自が署名捺印します。この場合の捺印は実印を用いて行
 い、印鑑証明書を添付します。

 このようにして作成された遺産分割協議書は、例えば不動産や預貯金の名義変更の
 ための書類として、法務局もしくは銀行に提示することとなります。

遺産分割協議書作成の注意点


  1 遺産分割協議書の作成は法定相続人全員の同意が必要

    遺産分割協議書は、法定相続人全員が合意しなければ作成できません。
    一部の相続人を廃除して作成されたものは無効となります。

  2 遺産分割協議書には法定相続人全員の印鑑証明書の添付が必要
    
    遺産分割協議書には法定相続人全員が同意したことを示すために、遺
    産分割協議書には全員の印鑑証明書を添付しなければなりません。

  3 遺産分割協議書の作成は早く行うことが必要

    法律で決められたことではありませんが、遺産分割協議書の作成は早く
    行なうことが必要です。遺産分割協議書の作成を行わずに放置したまま
    でいる場合、被相続人が亡くなった当時の関係者以外の相続人が登場す
    る可能性があります。その場合に、遺産分割協議が紛糾する可能性が高
    くなります。



ご依頼・お問い合わせは下記まで


03−5762−0018


(電話でのご相談は無料です。お気軽にご連絡ください)