03−5762−0018





     






       




産業廃棄物収集運搬業許可申請



産業廃棄物収集運搬業許可申請の手順は次の通りです


1 収集運搬する産業廃棄物の確認

   産業廃棄物収集運搬業の許可申請にあたって、まず行うべきことは、収集運搬する産業廃棄物は何か、ということを
   確認することです。産業廃棄物の種類によって、申請に必用な添付書類が異なりますので、明確にする必要がありま
   す。


2 産業廃棄物の収集先及び運搬先の決定

   廃棄物処理法では、産業廃棄物の収集先及び運搬先を管轄する自治体の許可を取らなければならないとされてい
   ます。例えば、産業廃棄物を収集して運搬する場所がともに東京都内であれば、東京都の許可を取れば問題はあり
   ません。しかし、産業廃棄物の収集場所は東京都内であっても、運搬先が神奈川県内にあれば、東京都と神奈川
   県の産業廃棄物収集運搬業の許可を取らなければなりません。


3 産業廃棄物収集運搬業許可講習会の受講

   廃棄物処理法では、産業廃棄物収集運搬業を行う事業者は、処理を適格に行う知識及び技能を持っていなけれ
   ばならないことが規程されています。この知識及び技能を持っていることを証明するために必要なのが、産業廃棄物収
   集運搬業許可講習会の受講となります。具体的には、講習会を受講した後に、試験が行われ、合格者には講習会
   修了証が渡されます。この修了証が、廃棄物処理法に言うところの、処理を的確に行う知識及び技能を持っているこ
   との証明となります。終了証がない場合には許可の申請が出来ません。


4 産業廃棄物収集運搬業許可申請に必要な添付書類の取り付け

   履歴事項全部証明書、役員・株主の住民票・登記事項証明書、直前3年間の決算書、納税証明書、産業廃
   棄物の収集運搬に使用する車両や船舶の使用権限を証する書類及び写真など、申請に必要な添付書類を取り
   付けます。


5 添付書類に基づいた許可申請書の作成

   4で揃えた添付書類を基に許可申請書類を作成します。


6 許可を受ける自治体の窓口への許可申請書の提出

   5で作成した申請書類を提出します。ここで申請書類の内容について、不備があるか否か審査が行われます。書類
   に不備がある場合には、不備を是正した書類を再度、提出することとなります。
   なお、このときに自治体に支払う申請手数料は、許可の審査のための手数料となります。そのため、審査の結果、許
   可が認められない場合でも戻ってきませんので注意が必要です。


7 自治体による審査

   窓口で受け付けた申請書類について、自治体が審査をいたします。問題がなければ、約60日ほどで許可がおりま
   す。(東京都の場合)


8 許可取得後に行う手続

   産業廃棄物収集運搬業の許可を取得した後、会社の住所、役員の変更、収集運搬に使用する車両や船舶に変
   更があった場合には、許可を取得した自治体に対して変更届を提出しなければなりません。

   また、収集運搬する産業廃棄物の品目を増やす場合には、新たに変更許可の申請を行うことが必要です。


                                     



  当事務所では、講習会受講申請手続、許可申請手続(積替え保管施設設置許
  可申請を含む)、許可取得後の手続など、産業廃棄物収集運搬業許可申請に
  関わるすべての業務を皆様に代わって行います。

  また、産業廃棄物収集運搬業許可申請に関するご相談もお受けしております。


 産業廃棄物収集運搬業許可申請手続は

当事務所にお任せください 






お気軽にご相談ください

お電話によるご相談は無料です


03−5762−0018